カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

プノンペン ホテル・ゲストハウス

プノンペンのゲストハウスは「ワンストップ・ホステル」が断トツでおすすめ!

投稿日:2019-01-29 更新日:

先月に首都プノンペンへ行く用事があったので、ついでにプノンペンにあるゲストハウスのドミトリーを泊まり歩いてみました

まとめて各ゲストハウスのレビューを書こうと思ったのですが、「ワンストップ・ホステル・プノンペン」だけ迷いなく断トツでおススメだと感じたので、先にワンストップだけ詳しく書いてしまうことにしました。

「ワンストップ・ホステル」はシェムリアップにもありますが、この記事ではプノンペンにある店舗のご紹介となります。

 

スポンサードサーチ

①プノンペンで「ワンストップ・ホステル」がおすすめな理由

  • 立地が良い
  • キレイ
  • 設備も細部にまで気が配られている
  • スタッフが親切
  • 蚊がいない
  • 実は日本人経営

詳細は順に書いていきますが、ゲストハウスでこれだけ揃っていたらもう十分ですよね。
蚊はゼロではないかもしれませんが、気になったことがありません。蚊がいると寝れない私にとっては非常にうれしい点です。

宿泊料金はドミトリーで一泊5-6ドル程度で泊まれます

 

②「ワンストップ・ホステル・プノンペン」の場所

「ワンストップ・ホステル・プノンペン」はリバーサイド沿いのナイトマーケットから少し北へ上がったところに立地しています。

ワンストップ・ホステル・プノンペン

ナイトマーケット周辺にはジャイアントアイビスやビラックブンタンなどの主要なバス会社のオフィスがあり、バスの発着所にもなっています。

そのナイトマーケットまでは徒歩で1~2分程度なので、その他の都市間の移動にも非常に便利です。

ビラックブンタンのプノンペンオフィス

ゲストハウスのすぐ裏手には郵便局があり、プノンペンの観光所の一つであるワットプノンまでは徒歩で5分程度で行けます。

 

スポンサードサーチ

③清潔でオシャレな館内

1、一階は受付とテーブルスペース

リバーサイドにある建物と並んでおり、建物の横幅は小さめなので初めはかなり正面まで来ないと入り口が分かりにくいかもしれません。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの入り口

入り口はガラスの扉で、開放型ではありません。
ゲストハウス内は全体的にエアコンが効いています

靴は入り口で脱ぎます。

すぐ目の前にレセプションがあり、愛想のよいスタッフが出迎えてくれます。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの一階ロビー

ワンストップ・ホステルは日本人経営のゲストハウスですが、通常宿にいるスタッフはカンボジア人のみでやり取りは英語になります。

愛想よく話しかけてくれたり、スタッフにも清潔感や丁寧な印象があります。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのツアー掲示板

レセプションの正面にはシェアツアー用の掲示板があり、プノンペンの地図とかも置いてありました。

その奥にテーブルが並んでいます。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのレストランメニュー

ここでパソコンの作業をしたり、食事を注文することもできます。
ランドリーサービスもやっていました。

 

2、二階はくつろぎ共有スペース

二階へ上がると今度はくつろげるタイプの居心地の良い共有スペースがあります。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの共有スペース

テレビや本、共有で使用できるパソコンなどが設置されています。

緑やインテリアも細かくに配置されていて、細部まで気を使っているのが感じられます。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの共有スペース②

チェックイン時間の前に到着したときは、チェックイン時間までここで過ごすさせていただきました。トイレも近くにあり非常に快適でした。

エアコンが付いてなかったのですが、掃除のスタッフが気づくとちゃんと受付の人間に伝えてエアコンをつけに来てくれました。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの階段

さらに上の階が客室のエリアになるのですが、ここでまたガラスの扉で一つ区切りがあります。
ゲストハウス内にはまったく蚊がいないイメージあるのですが、このように区切りが多いのも理由かもしれませんね。

 

④白を基調としたドミトリー部屋

部屋の中は白色を基調としており、清潔感がありとてもキレイです。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのドミトリー部屋

ベッドには掛布団が用意されています。
バスタオルはデフォルトではなしで、デポジットを払えば無料で貸し出ししてくれます。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのドミトリーのベッド

各ベッドにはコンセントと電気がついています。
バスタオルなども掛けやすいように、ちゃんと掛けるための場所がつくられています。

カーテンは付いていませんでしたが、ベッドの上下には壁があったり配置の仕方も考えられているのか、そんなにまわりから丸見えという印象がありません。

ワンストップ・ホステル・プノンペンの大きいロッカー

大きめのサイズのロッカーが部屋内にあって、カバンごと中に入れることができます
頑丈そうな南京錠もチェックイン時に無料で貸してくれます。

部屋の窓からはトンレサップ川とその対岸が見わたせます。

ワンストップ・ホステル・プノンペンからの眺め

 

 

スポンサードサーチ

⑤気配り上手なバスルーム

バスルームは部屋の外にあります。といって出てすぐです。

部屋の中じゃないので、物音を気にする必要もありません
誰かが使用していて、空いてない時はちがう階のバスルームも使用可能です。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのバスルーム

洗面台にはハンドソープに、なんと小扇風機も設置されていました。
シャワー浴びて出てきたときに、扇風機ついてるとうれしいですね。

昼間の掃除の時間帯にはアロマが焚かれていました。

ワンストップ・ホステル・プノンペンのシャワールーム

シャワールームにはシャンプーとボディーソープが設置されています。
水圧も良しで、もちろんホットシャワーも出ます。

ゆういつ気になるところをあげるとすれば、全体的に曇りガラスの扉でできているところ。
実際に見えるわけではないしオシャレな雰囲気なのですが、隣に他の人が急に入ってこられるとちょっとドキッとするかもしれませんね。

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

そんな「ワンストップ・ホステル・プノンペン」の予約ページ。

→ 現金払いならこちら(Booking.com)

→ カード払いならこちら(Agoda)

以前から「ワンストップ・ホステル」はおススメだったのですが、他のゲストハウスを泊まり歩いてみて、改めてワンストップがいいなと思いました。

プノンペンでドミトリーを探されている方は、「ワンストップ・ホステル」にしておけばまず間違いないかと思います

最後までお読みいただきありがとうございます。

↓その他の泊まり歩きしたプノンペンのゲストハウスはこちら

↓はじめてのプノンペンおすすめ観光地5選

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-プノンペン, ホテル・ゲストハウス

<スポンサーリンク>



プノンペンにある日本人経営のゲストハウス

プノンペンにある日本人経営のゲストハウス

今回はシェムリアップではなくカンボジアの首都プノンペンのゲストハウスのお話です。 プノンペンにはシェムリアップのように有名で老舗な日本人宿が …

ゲストハウスとホテルの違いや特徴【メリット・デメリット】

ゲストハウスとホテルの違いや特徴【メリット・デメリット】

みなさん旅行に行くときはホテルに泊まりますか?それともゲストハウスですか? 日本で旅行する場合は多いのが「ホテル」もしくは「旅館」ですよね。 …

「プリンス・ダンコール・ホテル&スパ」レビュー!立地とコスパでおすすめのホテル!

「プリンス・ダンコール・ホテル&スパ」レビュー!立地とコスパでおすすめのホテル!

「プリンス・ダンコール・ホテル&スパ」(Prince d’Angkor Hotel & Spa)はシェムリアップ市内中心 …

シェムリアップで大人気の宿「ワンダーズ・ホステル」と「ワンストップ・ホステル」は日本人経営

シェムリアップで大人気の宿「ワンダーズ・ホステル」と「ワンストップ・ホステル」は日本人経営

本日はシェムリアップで絶大な支持を得ているドミトリー中心の宿「ワンストップ・ホステル」と「ワンダーズ・ホステル」のご紹介です。 以前にプノン …

プノンペンの王宮とシルバーパゴダ観光!キラキラ輝く黄金色の屋根が美しい

プノンペンの王宮とシルバーパゴダ観光!キラキラ輝く黄金色の屋根が美しい

プノンペンの数少ない観光スポットのひとつが「王宮とシルバーパゴダ」です。 王宮は現カンボジア国王の住む場所です。 川沿いから見える荘厳でうつ …

【ベンメリア】天空の城のラピュタのモデルと噂の密林の中に潜む遺跡
プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法
トゥクトゥクの乗り方や相場、注意点など【まとめ】

シェムリアップのゲストハウスおススメ5選【日本人宿編】英語が苦手な方でも安心
シェムリアップのナイトマーケットはお土産にショッピングに最適!
「ありがとう」から始める厳選のカンボジア語10!観光に便利な会話で使う基本言葉

カンボジアに関する3択クイズ
NEW!!カンボジアに関する3択クイズのミニゲームを作ってみました。ぜひ挑戦してみてください!