カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

中・遠距離の遺跡

小高い丘の上に建つ「チャウスレイビボル遺跡」

投稿日:

小高い丘の上に建つ「チャウスレイビボル遺跡」

それなりに規模も大きいが観光客がほとんど訪れない「チャウスレイビボル遺跡」

 

スポンサードサーチ

①チャウスレイビボル遺跡

チャウスレイビボル遺跡

「チャウスレイビボル遺跡」(ប្រាសាទ​ចៅ​ស្រី​វិបុល)は11世紀ごろスーリヤヴァルマン1世によって建設されたとされているヒンドゥー教の遺跡です。

外濠の広さは東西に1,500m、南北に1,050mもありアンコールワットとほぼ同じくらいの大きさです。

その中心部は高さ約30メートルほどの小高い丘のようになっており、その上に寺院が建てられています。

 

②場所、行き方

チャウスレイビボル遺跡の場所・行き方

「チャウスレイビボル遺跡」はシェムリアップ中心部より北東へ約30kmくらいの場所にあります。

辿り着くための道はいくつかありますが、だいたい片道40~50分くらいでしょうか。
国道6号線沿いから行けば、まだ未舗装の道路は遺跡周辺だけですので車やトゥクトゥクでも行くことができます。

アンコールワットから東へずっと伸びる古道沿いにあり、ちょうど「アンコールワット」と「ベンメリア」の間くらいに位置しています。

 

スポンサードサーチ

③入場料・パスチェック

チャウスレイビボル遺跡の入場料

アンコールパスのチェックがあります。

 

④遺跡観光

チャウスレイビボル遺跡観光の様子。
観光の所要時間は40~50分くらい。

他の観光客はひとりも会いませんでした。

 

1、外濠を越えて内部へ

まず主要道路沿いに遺跡付近まで行った後、さらに遺跡付へと近づくには西側と北側からの道があります。

チャウスレイビボル遺跡への道

チャウスレイビボル遺跡用の案内看板などは見当たらず、西側の道からはこの石の門をくぐって進んでいくと行けました。

チャウスレイビボル遺跡・外濠

アプサラ機構の看板が見えてきます。
水路は確認できませんでしたが、おそらくここが外濠にあたる場所ですね。

さらに進むと左手に学校があります。
壁には日本語が書かれていました。

チャウスレイビボル遺跡前の学校

この学校のすぐ斜め前あたりにチャウスレイビボル遺跡はあります。
アンコールパスのチケットチェックありです。

 

2、西側から丘を登っていく

パスチェックを済ますと遺跡の西側から観光します。

チャウスレイビボル遺跡・西門

西側の門
この門だけ妙にキレイなような、少し雰囲気が違うような気がしましたが、最近修復されたのでしょうか。

チャウスレイビボル遺跡の丘を登る階段

西門をくぐると丘を登る階段が続いてます。
そんなに長くはありません。

 

3、現代寺院

チャウスレイビボル遺跡の現代寺院

階段を登ると遺跡の手前に現代寺院の建物が見えてきます。
内部はとてもキレイにペインティングされていました。

チャウスレイビボル遺跡・現代寺院の壁画

4、中央祠堂と図書館

遺跡の中央部分はかなり崩壊しており瓦礫の山となっています。

チャウスレイビボル遺跡

瓦礫の山の上に建つ中央祠堂

チャウスレイビボル遺跡・中央祠堂

チャウスレイビボル遺跡・中央祠堂

見晴らしのよい景色が見えるような見えないような。

チャウスレイビボル遺跡からの景色

中央祠堂の手前、南北に二つの経蔵と見られる建物がたっています。
南側はけっこう良い状態でした。

チャウスレイビボル遺跡・南側の経蔵

小さなお猿の彫刻が可愛かったので写真を一枚パチリ。

チャウスレイビボル遺跡・レリーフ

北側は激しく樹木が絡みついています。

チャウスレイビボル遺跡・木が絡みつく

 

5、大きな門のある東側

中央部の東側へ回るとなだらかな斜面が続いており、崩れたシンハーの像などが残っていました。

チャウスレイビボル遺跡・シンハーの像

東側が本来の入り口でしょうかね。

チャウスレイビボル遺跡・東側

もう少しなだらかな斜面を進んで行くと丘の下に立派な大きな東門が見えました。

チャウスレイビボル遺跡・東門

斜面がかなりきつかったので、下までは降りていません。

 

6、南側の十字型の建物

南側へまわると珍しい十字型の回廊を持つ建物が丘の下に残っています。

チャウスレイビボル遺跡・十字型の建物

この建物は「倉庫」のような役割を担っていたんじゃないかと考えられているそうです。

チャウスレイビボル遺跡・十字型の回廊を持つ建物

チャウスレイビボル遺跡・十字型の回廊を持つ建物

7、丘の下・北側

最後に丘を降りてから北側に行ってみるとこんな入口もありました。

チャウスレイビボル遺跡・北側

左右にならぶ4体の細長い動物は何でしょう?鹿?

 

8、アンコール時代の古道を通って帰路へ

ライチとサトウキビジュース

ライチとサトウキビジュースをお供にアンコール時代の古道である赤土の道を通って家路に着きます。

アンコール時代の古道


以上、いかがだったでしょうか。

全体的にレリーフ・彫刻類はあまり残っておりませんでした。
まだまだ不明のところも多い遺跡なので、今後もっと詳しいことが分かっていくのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-中・遠距離の遺跡

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

プロフィールロゴ
カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



自力でシェムリアップからコーケー遺跡へ行く方法、実体験レポート(前偏)

シェムリアップから北東約100kmの場所に位置する「コーケー遺跡群」。 行ってみたいけど料金が高いので(遠方のためツアー代が高い)なんとか格 …

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒアの絶景を独占する!【遺跡観光編】

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒアの絶景を独占する!【遺跡観光編】

第二回、プレアヴィヒア【遺跡観光編】です。 前回はシェムリアップからプレアヴィヒア遺跡の最寄りの街スラエムまでの行き方と街の様子をご紹介いた …

「大プリアカン」美しきガルーダと愛らしい象と顔を失くしたデバター達

「大プリアカン」美しきガルーダと愛らしい象と顔を失くしたデバター達

シェムリアップから行ける遠方遺跡のひとつ「大プリアカン」。 崩壊した廃墟感に削り取られたレリーフ。 まだまだ訪れる観光客も少なく森の中に潜む …

石切り場「オートモーダップ」(ベンメリア遺跡の近く)

石切り場「オートモーダップ」(ベンメリア遺跡の近く)

ベンメリア遺跡の北西あたりにある石切り場「オートモーダップ」です。   スポンサードサーチ 目次①石切り場「オートモーダップ」②「 …

ほどよい存在感のロリュオス遺跡群はアンコールワットより歴史が深い!

シェムリアップで主要な遺跡や観光所をまわり終った人が次に注目しだすのが「ロリュオス遺跡群(Roluos)」です。 シェムリアップ中心部より遠 …