カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

中・遠距離の遺跡

石切り場「オートモーダップ」(ベンメリア遺跡の近く)

投稿日:

石切り場「オートモーダップ」(ベンメリア遺跡の近く)

ベンメリア遺跡の北西あたりにある石切り場「オートモーダップ」です。

 

スポンサードサーチ

①石切り場「オートモーダップ」

ベンメリアを含め多数の遺跡を建設するためにこの周辺の石材を切り出し運んで利用したそうです。

クメール語で「អូរថ្មដាប់」と書かれており、「切り出した石の道」みたいな感じでしょうか。まあそのままですね、採石場です。

はるか昔にあの巨大な遺跡を造るために果てしない石材がこの周辺で採掘されたのでしょう。

 

②「オートモーダップ」の場所

石切り場の「オートモーダップ」はベンメリア遺跡の北西あたりにあります。
シェムリアップ市内からは約60kmほど離れています。

ベンメリア遺跡」を観光する場合、通常は南側から入るので「オートモーダップ」は通りません。

とはいえベンメリア遺跡まで来ていれば車やトゥクトゥクで片道5分くらいあれば行ける距離なので、興味がある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

「オートモーダップ」を訪れる際はベンメリア西側の道を北上して行きます。
すると小さな橋が見えてきて石切り場の案内看板があります。

石切り場「オートモーダップ」の看板

入場料やチケットはなく、アンコールパスのチェックも特にありませんでした。
橋の脇から下へと降りて行くことができます。

 

スポンサードサーチ

③石と橋と小川

ベンメリア付近の石切り場「オートモーダップ」

橋の脇を下りていくと小さな小川と石があります。

素人目には分かりませんでしたが、この付近では良質な石材が採れたようです。

ベンメリア付近の石切り場「オートモーダップ」

どうでしょう、遺跡に利用したくなる石材でしょうか。
そう言われるとそんな気もしてきます。

ベンメリア付近の石切り場「オートモーダップ」

橋の反対側では地元の子供が釣りをしていました。

ベンメリア付近の石切り場「オートモーダップ」

はたして魚が釣れるのか知りませんが、カンボジアの人ってけっこうどこでも釣りしてるんですよね。

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

多少は石切り場の知識があるかガイドが付いていなければ、ただ石と橋と小川があるだけに感じるかもしれません。

↓ベンメリア遺跡はこちら

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




各SNSでシェアしよう!!

-中・遠距離の遺跡

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルカンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



小高い丘の上に建つ「チャウスレイビボル遺跡」

小高い丘の上に建つ「チャウスレイビボル遺跡」

それなりに規模も大きいが観光客がほとんど訪れない「チャウスレイビボル遺跡」。   スポンサードサーチ 目次①チャウスレイビボル遺跡 …

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒアの絶景を独占する!【遺跡観光編】

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒアの絶景を独占する!【遺跡観光編】

第二回、プレアヴィヒア【遺跡観光編】です。 前回はシェムリアップからプレアヴィヒア遺跡の最寄りの街スラエムまでの行き方と街の様子をご紹介いた …

プレアヴィヒアへツアーを使わず自力で行く方法!実体験より詳しく説明するよ【行き方編】

プレアヴィヒアへツアーを使わず自力で行く方法!実体験より詳しく説明するよ【行き方編】

カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒア寺院 タイとの国境付近にあり絶景が見れるとして人気の高い遺跡ですが、かなりの遠方になるためツアー料金は …

プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法

プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法

プレアヴィヒア寺院はみなさんご存知でしょうか!? カンボジア第二の世界遺産でありとても素敵な場所なのですが、かなりの遠方遺跡になるためツアー …

スラヨン村の様子とシェムリアップまでの帰り方、総費用(後編)

スラヨン村の様子とシェムリアップまでの帰り方、総費用(後編)

「コーケー遺跡へ自力で行く!」の後半です。 前回はシェムリアップからスラヨン村、そしてコーケー遺跡へ行くまでをご紹介いたしました。 つづいて …