カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

アンコールワット周辺の遺跡

シェムリアップの遺跡一覧【まずはここから!】

投稿日:2019-08-12 更新日:

カンボジアへ旅行に行く方は「アンコールワット」を目的にしている人も多いですよね。
世界遺産ランキングなどでも常に上位の人気を誇る有名な遺跡です。

ですがシェムリアップには他にもたくさんの魅力的な遺跡があるんです。
事前にガイドブックを読んだ方の中には、

「遺跡が多すぎて、どこに行けばいいのか分からない!」

と思った方もいるんじゃないでしょうか。

この記事ではまず知っておくべき遺跡として10カ所をピックアップして一覧にしました。
まずはこの中から選んでいけば問題ないです。

まだ予定が決まってない、何があるのか分からないという方はぜひご活用ください!

 

スポンサードサーチ

①シェムリアップの遺跡一覧

シェムリアップから行ける遺跡は距離的に三つに分けることができます。

  1. 「アンコールワット」周辺の遺跡
  2. 片道1時間~1時間半くらいの長距離遺跡
  3. もっと遠い超長距離の遺跡

 

1、「アンコールワット」周辺の遺跡

もっとも重要な遺跡はアンコールワット周辺に集まっています
距離的にもあまり離れていないので、まとめて観光するのが一般的です。

ツアーに参加すると有名どころが事前にセットされているので、あまり迷うことはないでしょう。

 

2、片道1時間~1時間半くらいの長距離遺跡

アンコールワット周辺の遺跡の観光が終ると、次に目を向けるのが片道1時間くらいの長距離遺跡です。

各遺跡にそれぞれ特徴があるので、一覧を見てみて気になったところを選択しましょう。

 

3、もっと遠い超長距離の遺跡

最後は超長距離遺跡です。

移動に時間がかかるのがネックですが、そのデメリットにも負けずに人気が高いのが「プレアヴィヒア遺跡」です。

 

②アンコールワット

聖池に映る逆さアンコールワット

アンコールワット」。
世界遺産であり、世界的にも有数の人気を誇るカンボジアを代表する遺跡です。
※カンボジアの国旗にもその姿が描かれています。

シェムリアップ市内から約8㎞のところに位置しており、トゥクトゥクで片道約30分で行くことができます。

市内より30分の距離ですが、遺跡のまわりは多くの木々に囲まれており、どこかタイムスリップしたような感覚を覚えます。

一辺約1,500mの外濠に囲まれた大きなヒンドゥー教の寺院です。
左右対称につくられており、細かく計算された建造美が見どころのひとつです。

姿を現すアンコールワット

まずは外濠をわたり、本堂までまっすぐに伸びる西参道。
左右には撮影スポットで有名な聖池があります。

内部は第一回廊・十字回廊・第三回廊が有名です。

第一回廊は壁一面に彫られた繊細なレリーフがまるまる一周つづいています。

アンコールワット第一回廊のレリーフ

十字回廊には沐浴の場として使われていた低くなった場所があり、ここも撮影ポイントのひとつです。
日本人の初めて書き残したといわれる落書きもここにあります。

第三回廊はアンコール王朝の時代には王がいた場所とされています。
神聖な場所だけに入場規制があったり仏日は入れないなどの制限があります。

アンコールワット第三回廊へ登る階段

アンコールワットで最も高い位置にあたり、西参道を見渡すことができます。

観光の所要時間はさっとみて1時間程度。
じっくり鑑賞したい方は2時間くらいとっておきましょう。

入場にはさまざま遺跡の共通パスとなるアンコールチケットが必要です。
チケットの料金は【一日券$37 / 三日券$62 / 7日券$72】です。

またアンコールワットは朝日鑑賞のポイントとしても人気ですね。

 

スポンサードサーチ

③アンコールトム

お次は「アンコールトム」。
アンコールワットから約3㎞ほど北へ行ったところにあります。

非常に大きな遺跡で、アンコールトムの中でいくつかのエリアに分かれています。

1、南大門

アンコールトムの南大門

まず入り口となる南大門。

門の上部に四面仏の顔。
左右には乳海攪拌の様子をあらわした阿修羅と神々の像がならんでいます。

 

2、バイヨン寺院

バイヨン寺院の四面仏像

観光のメインとなるのがこの「バイヨン寺院」。
アンコールトムの代名詞のようになっている遺跡です。

遺跡の中央部にはたくさんの四面仏の像があり、穏やかで悟りをひらいたかのようなクメールの微笑みに心が洗われます。

第一回廊にはアンコールワットと同じく壁一面にレリーフがぎっしりと彫られています。

 

3、象のテラスや王のテラス

象のテラスのゾウの彫刻

他にもたくさんの見どころがあるのですが、よく観光でまわられるのが「象のテラス」や「王のテラス」。

バイヨンの北側にまっすぐに伸びています。
少し高くなったテラスの上を歩くも非常に気持ちがいいですよ。

見どころは側面に彫られた象やガルーダの彫刻など。

 

④タプローム

小回りコースにあるタ・プローム遺跡

遺跡に大樹が絡まっている光景が印象的な「タプローム遺跡」。
ハリウッド映画の「トゥームレイダー」の撮影で使われたことでも有名です。

それなりに広いですが平面型の遺跡のため高さはありません。
大樹と遺跡の共存が見どころで、人気の写真スポット前はいつも人でいっぱいです。

①~③(アンコールワット、アンコールトム、タプローム)の遺跡は全て「アンコール小回りコース」という王道ルートに含まれており、一日で観光に回るのが定番です。

 

スポンサードサーチ

⑤大回りコース

ニャック・ポアン

「アンコール小回りコース」の外側周辺にある遺跡を回るのが「大回りコース」です。

小回りコースのような巨大でメインスポットのような遺跡はありませんが、各興味深い遺跡が並んでいます。

遺跡好きの方には必見です。

プリアカン、ニャックポアン、タソム、東メボン、プレループなどの遺跡があります。

 

⑥バンテアイスレイ

バンテアイスレイのレリーフ

ここからは少し遠距離の遺跡になります。

バンテアイスレイ」は数ある遺跡の中でも、特に精巧で美しいと評判のレリーフが要注目の遺跡。
「東洋のモナリザ」とも呼ばれるレリーフもあります。

こじんまりとした赤土色の遺跡。
レリーフに出てくる神々や物語の予備知識をもっているとより楽しめます。

片道:約1時間
入場料:アンコールパス

⑦クバールスピアン

クバール・スピアンへの行き方・場所

川と遺跡のコラボレーションが素敵な「クバールスピアン」。

クバールスピアンの見どころは山の中にあるため、片道約40分ほどの山道を歩いて行きます。
その先にはシェムリアップ川の源流があり、川底や川の周辺にわたってたくさんのレリーフが彫られています。

大自然の中のハイキングと合わせて楽しみましょう。

上記「バンテアイスレイ」と方向が同じなので合わせていくと行きやすいです。

片道:約1時間半
入場料:アンコールパス

⑧ベンメリア

ベンメリア遺跡

遠方遺跡の中でも日本人に絶大な人気を得ているのが「ベンメリア遺跡」。

ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも噂される遺跡です。

「タプローム」のような遺跡と木々の融合が見どころなのですが、「ベンメリア」の方がより遺跡全体が崩れて森の中に潜んでいるような雰囲気になっています。

その風貌がまるで探検しているような気分を与え旅行者をひきつけています。

シェムリアップより片道約1時間半。
入場料は5ドル。

⑨ロリュオス遺跡群

バコンのナンディン像

アンコール遺跡群よりも歴史が古いといわれる「ロリュオス遺跡群」。

観光の際には「バコン」、「プレアコー」、「ロレイ」の三つの遺跡を観光します。

シェムリアップ市内の東側に位置しています。
全体的な雰囲気はアンコール遺跡群に似ていて、目立った特徴は少ないです。

片道:約30分
入場料:アンコールパス

 

⑩コーケー遺跡群

ピラミッド型寺院のプラサット・トム

シェムリアップより約120㎞のところにある「コーケー遺跡群」。

観光のメインとなるのが「プラサット・トム」。
大迫力で見ごたえ抜群のピラミッド型寺院です。

「遺跡群」というだけに複数の遺跡が集まっており、他にも「ニアン・クマウ」や「プラサット・リンガ」などがあります。

遠いので「プレアヴィヒア」といっしょに観光するのが効率的ですが、「プラサット・トム」以外もゆっくり観光したい方はコーケー単品で行った方がよいかもしれません。

片道:約2時間半
入場料:10ドル

⑪プレアヴィヒア

天空の遺跡プレアヴィヒアの絶景の断崖

最後は「プレアヴィヒア」です。
寺院の背後にある崖からの絶景が見どころで「天空の遺跡」などとも言われています。

シェムリアップ北部のタイとの国境付近にあり、かなり遠いです。
その距離にもかかわらず人気があるのは、それだけ魅力のある遺跡だということなのでしょう。

以前はタイとの紛争があり危険地帯とされていましたが、現在は落ち着いており沢山の観光客が足を運んでいます。

特に学生や若者には他の旅行者と乗り合いで行くツアーが人気。
シェムリアップの日本人宿などで参加者を募集しています。

片道:約4時間
入場料:10ドル


 

以上、いかがだったでしょうか。

各ご紹介した遺跡の②~⑤、⑥~⑦、⑧~⑪が立地するエリアが近い、もしくは方向が同じなので、このあたりを組み合わせると観光しやすいですよ。

↓こちらのサイトから様々な現地のオプショナルツアーが予約できます。

今回ご紹介した遺跡はほぼ揃っているので是非チェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

↓遺跡観光の基本情報のまとめ

↓渡航前に持ち物をチェック

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アンコールワット周辺の遺跡
-

<スポンサーリンク>



バンテアイ・サムレ

本日はバンテアイ・サムレです。 バンテアイ・○○って前も行った気がするんだけど… そうなんですよ。 バンテアイと名前につく遺跡は複数あって、 …

シェムリアップ随一の夕日スポット【プノンバケン】入場制限に注意!

シェムリアップ随一の夕日スポット【プノンバケン】入場制限に注意!

シェムリアップで一番有名な夕日鑑賞スポットといえば「プノンバケン」です。 アンコールワットの近くにあり小高い山のようになっています。 たまに …

アンコールワットで朝日を見る!出発時間や撮影ポイントなど

アンコールワットでの朝日の時間や事前に知っておくべき知識

世界遺産アンコールワットで見る朝日鑑賞は旅行者の方に大変人気があります。 王道のオプショナルツアーといった感じです。 世界の中でもトップクラ …

アンコールワット周辺にある小さなマイナー遺跡9

アンコールワット周辺にある小さなマイナー遺跡9

本日はアンコールワットの周辺にある、普段あまり観光ツアーでは回らないマイナーな遺跡を9個ご紹介いたします。 有名どころを回り終わった方は、さ …

カンボジアでの遺跡観光の持ち物や服装・食事など【まとめ】

カンボジアでの遺跡観光の持ち物や服装・食事など【まとめ】

本日はアンコール遺跡群へ観光へ行くための準備編です。 カンボジアでの遺跡観光が初めての方は何かと不安になるかと思います。 「服装は?どんな格 …

【ベンメリア】天空の城のラピュタのモデルと噂の密林の中に潜む遺跡
プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法
トゥクトゥクの乗り方や相場、注意点など【まとめ】

シェムリアップのゲストハウスおススメ5選【日本人宿編】英語が苦手な方でも安心
シェムリアップのナイトマーケットはお土産にショッピングに最適!
「ありがとう」から始める厳選のカンボジア語10!観光に便利な会話で使う基本言葉

カンボジアに関する3択クイズ
NEW!!カンボジアに関する3択クイズのミニゲームを作ってみました。ぜひ挑戦してみてください!