カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

アンコールワット周辺の遺跡 基本情報

カンボジアでの遺跡観光の持ち物や服装・食事など【まとめ】

投稿日:2019-02-05 更新日:

本日はアンコール遺跡群へ観光へ行くための準備編です。
カンボジアでの遺跡観光が初めての方は何かと不安になるかと思います。

「服装は?どんな格好していけばいいんだろう?」
「持っていくものとかあるのかな?」
「ご飯とかトイレはどうしたらいいんだろう?」

などなど。

こういう細かな不安を出発前に解消できるように、事前に知っておいた方がよい遺跡観光に関する基礎情報をまとめました

この記事を読んで、準備万端にして行ってくださいね。
それでは最高の旅にする第一歩です!

 

スポンサードサーチ

①アンコール遺跡群全体で世界遺産

カンボジアでもっとも有名な遺跡「アンコール・ワット」が世界遺産なのは皆さんご存知だと思います。

「じぁ、アンコール・トムはどうなんだろう?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

世界遺産はアンコール遺跡群の全体

答えは「アンコール・トム」も世界遺産のひとつです。
世界遺産には各遺跡ごとではなくてアンコール遺跡群全体として登録されているのです。

アンコールワットのまわりは大きなビルや建物もなく豊かな自然に囲まれていますが、これも世界遺産のエリアとして守られているからなのです。

各遺跡の入り口には注意事項などの看板もあります。

アンコール遺跡群の注意事項

現在、アンコール遺跡群の管理を行っているのはアプサラ機構という組織です。
写真の左上にある5つのふにゃっとした線のあるマークがアプサラ機構のマークです。

 

②アンコール遺跡の入場時間

各遺跡には入場時間がもうけられており、ほとんどの遺跡の入場時間は7:30~17:30の間となっています。

遺跡の入場時間

例外として朝日や夕日の鑑賞ポイントになっている場所は特別に時間が長くなっています。

  • アンコールワット・スラスラン 5:00~17:30
  • プノンバケン・プレ・ループ 5:00~19:00

 

スポンサードサーチ

③アンコールチケット・入場料

アンコール遺跡群へ入場するためのチケットが必要です。

  • 1日券 $37
  • 3日券 $62
  • 7日券 $72

このアンコール・チケットは共通パスとなっていて、一度入場すると終わりではなくて同じ日の間は何回も出入りすることができます。

購入場所はアンコール・チケット売り場の一カ所のみ。

↓詳しくはこちらをご覧ください。

 

④遺跡観光時の服装

1、肌の露出はひかえて動きやすい服装で

各遺跡は寺院でもあり神聖な場所とされています。
そのため遺跡への入場には服装の規制があります。

まず肌の露出はできるだけ控えましょう。
ノースリーブや短パン、ミニスカートなどは禁止です。
おおまかに説明すると上は肩がかくれるように、下は膝下までかくれる服装にしましょう。

通常の遺跡観光時は問題ありませんが、特に神聖な場所に入る場合は帽子やサングラス、土足なども禁止になります。

足元ははきなれた運動靴やスニーカーがおススメです。

ビーチサンダルやヒールなどは禁止はされていませんが、遺跡内では急な階段をあがったり、凸凹したコンディションのわるい道も多いので動きやすい靴がいいでしょう。

 

スポンサードサーチ

⑤遺跡観光時の持ち物や準備

服装にさえ気をつけていれば遺跡観光に必須というほどの持ち物はありません。
水や食べ物は現地でも購入可能ですので、あった方がいい物などをご紹介いたします。

 

1、暑さ対策

カンボジアは暑く特に日差しが強いです。

遺跡観光時の直射日光に注意

遺跡内には影がないところも多いので、帽子や日焼け止めなど日焼け対策は万全にしていきましょう。
直射日光による刺激は自分でも気づかないうちに大きく体力を消耗させます。
タオルなども一枚くらい用意しておいた方がいいかもしれませんね。

 

2、虫よけ対策

虫よけ対策もしっかりして行きましょう。
蚊を媒体とするデング熱などもありますからね。

カンボジアで帰る虫よけ

虫よけはシェムリアップ市内のスーパーなどでも購入可能です。

 

3、雨季は雨対策

雨季に観光に行かれる方は雨対策も忘れずに。

カンボジアにはスコールというものがあり、スコールは突然やってきてバケツをひっくり返したような激しい雨を降らせます。

降っている時間は短いですが、雨季だと一日一回くらいはやって来ます。

遺跡周辺だと広くて屋根がある所に避難している余裕がないかもしれないので、スマホやカメラなどの機械類をどうするか考えておきましょう。
小さな袋などをポケットに入れておいてもいいかもしれません。

↓気候や服装に関してはこちらの記事も合わせてご参考ください。

 

4、チケットホルダー

アンコール・チケットを入れておくのに便利です。

各遺跡に着くたびにチケットのチェックが必要となるので、失くしにくいうえにすぐに出せるようにしておくと便利です。
7日券以外は紙のチケットなので、濡れたりポケットに突っ込んでおくとすぐにボロボロになるので注意しましょう。

 

⑥遺跡エリア内の食事やトイレなど

1、食事・レストラン

主要な遺跡周辺にはレストランや何かしらの食事がとれるお店があります
なので事前に買って市内から持っていく必要はありません。

遺跡エリアのレストランで食べたフライドライス

果物でよければ、パイナップルやマンゴーなどは遺跡内の道などにも売ってます。

料金はシェムリアップ市内の二倍くらいの設定になっています。
店によってはディスカウントが可能な場合もあるので、交渉してみてもいいでしょう。

 

2、飲み物・水分補給

遺跡観光時の水分補給は重要な項目のひとつです。

水などは遺跡の入り口あたりの露店で買うことができます。
小さな遺跡や道の途中なんかにも売ってます。

赤色の大きなクーラーボックスのようなものがあったら、その中にはだいたいドリンク類が入っています。

アンコール遺跡で飲むココナッツジュース

水分補給におススメなのがココナッツジュースです。

ココナッツジュースは天然のポカリスエットとも言われており、カンボジアでは体調がわるい時などにも好んで飲まれています。

値段もココナッツジュースだけはどのお店でも1ドルで販売されていて、市内で買うのと料金もあまり変わりません

 

3、トイレ

アンコール遺跡エリア内には公共のトイレが設置されています。

アンコール遺跡エリアの公共トイレ

アンコール・チケットを持っていれば無料で利用することができます
清潔感もそこまでわるくないと言っていいと思います。

遠方の遺跡もアンコール・チケットで入場するところは、同じ公共のトイレが設置されています。

 

⑦宗教やアンコール遺跡に登場する神々

1、宗教観

現在のカンボジアは上座部仏教が主要ですが、アンコール遺跡群が造られた時代はヒンドゥー教が中心となっていました。

仏教が混ざっている時代などもあり、ひとつの遺跡の中にごちゃ混ぜになっているところもあります。

そういう遺跡ではレリーフが削り取られていたりします。

 

2、彫刻やレリーフに登場する神々や動物

アンコール遺跡の観光の見所のひとつが遺跡内に彫られたたくさんの彫刻やレリーフです。

日本人にはあまり馴染みのないキャラクターも多いので、簡単にご紹介いたします。
多少の知識があるだけでも、遺跡観光がグンと楽しくなるでしょう。

三人のヒンドゥー教の神々

  • 【シヴァ神】破壊の神、だけど創造もするらしい
  • 【ヴィシュヌ神】世界を維持したり、救ったりする神
  • 【ブラフマー神】創造の神

破壊したり創造したり忙しい神々です。
どれがどの神様か分からなくなると思いますが、とりあえずこういう三人の神様がいることだけでも覚えておきましょう。(またこの神々様は姿を変えて登場することもよくあります。)

アンコール遺跡に登場するのはほとんどシヴァ神かヴィシュヌ神で、ブラフマー神はめったに現れません。

追求するとかなり奥が深いので興味がある人は、いろいろ調べてみてくださいね。
↓こちらはアンコールワットにあるヴィシュヌ神の像

アンコールワットにあるヴィシュヌ神の像

その他、神々の乗り物や象徴

【ラクシュミー】ヴィシュヌ神の妻。類まれな美人といわれている
ラクシュミーのレリーフ

【ガルーダ】ヴィシュヌ神の乗り物、体は人間で頭や翼は鳥
ガルーダの像

【ナンディン牛】シヴァ神の乗り物
ナンディン牛の像

【ナーガ】複数の頭をもつ蛇。遺跡のテラスの入り口などに非常に多い。ガルーダの天敵でもある
複数の頭を持つヘビ・ナーガ

【リンガ】男性器の象徴。シヴァ神が姿を変えたものともいわれる
男性器の象徴リンガ

【ヨニ】女性器の象徴
女性器の象徴ヨニ

【デバター】遺跡観光でもっとも多く目にするであろう女性のレリーフ。
だいたいきらびやかな恰好をしており、女神といわれたり、宮廷にいた女性を描いたものだといわれている。ひとりひとり恰好や装飾品が違ってじっくり見てるとおもしろい。
デバターのレリーフ

 

⑧その他、駐車場など

1、お土産

遺跡周辺の露店にはお土産もいっしょに売ってます。
Tシャツやズボン、スカーフや遺跡の絵なども多いですね。

遺跡エリアのお土産屋

わざわざ遺跡観光中にお土産を買う必要もないように思いますが、日焼け対策になる帽子やスカーフ、露出の多い服装で来てしまったときには長ズボンなども購入できます。

また小さな子供の売り子さんがポストカードやアクセサリーなどを持って、歩きながら販売してくることもあるでしょう。

 

2、ゴミ箱

アンコール遺跡エリア内には緑の服を着た掃除担当の人達がいて、つねに掃除にまわってくれています。

アンコール遺跡エリアにはゴミ箱もたくさんある
ゴミ箱もたくさん設置されていますので、ポイ捨ては厳禁です。

 

3、駐車場

バイクや自転車を借りて自分で来た人が対象になりますが、駐車場所については心配する必要はありません。

遺跡まわりの駐車スペース

遺跡の前には駐車スペースがありトゥクトゥクが停まっていたり、他の観光客がとめたバイクや自転車が一台くらいはありますので、同じように停めておけば基本的に大丈夫です。
(盗られても責任は持てません…もちろん鍵はしましょうね。)

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

それではいざアンコールワットへ!

絶対はずせない人気No.1「アンコールワット」

バイヨンの微笑みに恋する「アンコールトム」

有名3大遺跡をめぐる王道ルート「小回りコース」

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アンコールワット周辺の遺跡, 基本情報

<スポンサーリンク>



関連記事

カンボジアの気候と服装について

カンボジアの気候と服装について

カンボジアの気候ってどうなの?服装は? みなさん「なんとなく暑い!」ってことはご存知かもしれませんが、漠然としたイメージの方が多いと思います …

シェムリアップ市内より近い遺跡「ワット・アトヴィア」

本日は「ワット・アトヴィア」という遺跡です。 おそらくシェムリアップ市内より一番近い位置ある遺跡なんではないでしょうか。 それなのに訪れる観 …

カンボジアに行くには両替はどこがお得?現地か空港、それとも日本??

カンボジアに行くには両替はどこがお得?現地か空港、それとも日本??

さて前回の記事でもお伝えいたしましたが、カンボジアでは「米ドル」とカンボジアのお金である「リエル」が使用されています。 「二種類の通貨がある …

カンボジアのビザの料金・取得方法など【短期ビザ編】

カンボジアのビザの料金・取得方法など【短期ビザ編】

カンボジアに旅行へ行くのに入国に必要なビザは現地で申請するの?? それとも事前に日本で取得?それともネットで取得できるの?? なにかとややこ …

カンボジアの正月は一年に三回もやって来る!注目はクメール正月!

カンボジアの正月は一年に三回もやって来る!注目はクメール正月!

突然ですがカンボジアでは正月が1年の間に3回もやって来ます。 え、なんで!?じゃ3回も年変わるの?ってことは1年に3歳も歳とるのかな。。 い …

【ベンメリア】天空の城のラピュタのモデルと噂の密林の中に潜む遺跡
プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法
トゥクトゥクの乗り方や相場、注意点など【まとめ】

シェムリアップのゲストハウスおススメ5選【日本人宿編】英語が苦手な方でも安心
シェムリアップのナイトマーケットはお土産にショッピングに最適!
「ありがとう」から始める厳選のカンボジア語10!観光に便利な会話で使う基本言葉

カンボジアに関する3択クイズ
NEW!!カンボジアに関する3択クイズのミニゲームを作ってみました。ぜひ挑戦してみてください!