カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

アンコールワット周辺の遺跡

シェムリアップ市内より近い遺跡「ワット・アトヴィア」

投稿日:

本日は「ワット・アトヴィア」という遺跡です。

おそらくシェムリアップ市内より一番近い位置ある遺跡なんではないでしょうか。
それなのに訪れる観光客が非常に少ない遺跡。

なぜかというとアンコール・パスが必要なうえに、アンコールワットなど沢山の遺跡が集まるエリアと反対側にあるからなんです。

そんな希少な存在である「ワット・アトヴィア」をご紹介いたます。

シェムリアップ市内より近い遺跡「ワット・アトヴィア」

 

スポンサードサーチ

①ワット・アトヴィアへの行き方・場所

「ワット・アトヴィア」はアンコール遺跡群が集まるシェムリアップ市内の北側ではなくて南側にあります。

市内とトンレサップ湖のちょうど真ん中あたりに位置しています

距離的には約5kmほどで、トゥクトゥクだと15分くらい自転車でも30分あれば行くことができます。

「ワット・アトヴィア」へ行くための道は主にふたつあります。

ひとつめはシバタ通りから続く63号線を道沿いに南へくだる方法。

ふたつめがアンコール・ナイトマーケットの前の道をプサー・クラオムの方へまっすぐ進み、プサーを越えてさらにひたすらまっすぐです。

地図上だとこちらの道の方が行きやすそうに見えますが、道のコンディションはよくないです。

途中から未舗装のデコボコ道になります。
車やバイクが通るとかなり砂ぼこりが舞いますのでそれだけ注意が必要です。
(細い田舎道なのにいがいとトラックが通ったりする。)

カンボジアらしい赤茶けた土の道に田園風景がつづきますので、田舎風景を楽しみたい方はこちらの道をどうぞ。

 

②遺跡の入場料

「ワット・アトヴィア」に入場するためにはアンコール・パスが必要となります。
ちゃんとチケットチェックの係員がいます。

 

スポンサードサーチ

③ワット・アトヴィア観光の様子

今回は未舗装のデコボコ田舎道をとおって遺跡へと向かいました。

ワット・アトヴィアへの道

遺跡のまわりにはお寺があります。
あざやかなオレンジ色の袈裟が掛かっていました。

ワット・アトヴィアにある寺院

本来の遺跡としての入り口は西側のようですが、現在の観光のための入り口は北側にあります。

ワット・アトヴィアの入り口

入場時間の書かれた看板が建っていて、そこだけ外壁が壊れたようになっています。
人が少ないからと他のところから勝手に入場しないようにしましょう。
※チケットなしで入場すると罰金が科せられます。

訪れる人の少ないマイナーな遺跡ですが、規模はそこそこの広さがあります。

装飾の少ないワット・アトヴィア

全体的にレリーフなどの装飾は少なくほとんど見かけられません

ワット・アトヴィアの経蔵

左右にある経蔵は崩壊がすすんでおり、木材でしっかり支えられています。

ワット・アトヴィアの中央祠堂の中

中央祠堂の中だけはいろいろと装飾もされており、デバターが彫られています

下書きのようなデバター

その隣にはうっすらとひと回り大きいデバターの下書きのようなものが確認できます。

ワット・アトヴィアの柱に刻まれた文字

柱にはたくさんの文字と象などの動物が刻まれています。

訪れる人も少ないのでネコも無防備な姿で熟睡していました。

遺跡で眠るネコ
人がおらずほとんど物音も聞こえない中で、一人で遺跡の中で佇んでいるとネコと共に当時の時代へタイムスリップしてしまいそうな感覚にとらわれます。

ワット・アトヴィアの外観

中央祠堂の一番上に立っているタケコプターのようなものは何なんだろうと気になります。

ワット・アトヴィアの東側の出口

こちらは本来の入り口と反対側になる東側の出口。

せっかくなので本来の入り口である西門の方へも行ってみました。

こちらの方も装飾などは何もなく大きな四角い石を中心につくられています。
これは何の跡でしょうか?石の壁に謎のでっぱりがたくさんありました。

ワット・アトヴィアのでっぱり

壁にはカビが生えて緑色に変色しています。

ワット・アトヴィアの壁のカビ

人がいないので、こういうところもじっくりと鑑賞できます。

ワット・アトヴィアのイヌ

ネコがいればイヌもいっしょに共存しています。

ワット・アトヴィア西側正面から

西側の正面から見るとこんな感じ。
なかなか立派な外観をしています。

ワット・アトヴィアに転がってた柱

端の方に大きな柱が転がっていました。
遺跡内にこのサイズの柱は見かけなかったので、本来はもっと他の建物も建っていたのでしょうか…

それではお寺のにわとり(?)さんに別れを告げて、街へ帰りましょう。
帰りぎわに西の方に、少し高くなっている場所がありました。

ワット・アトヴィア西側にあった高台

西側から見るとテラスのようにも見えます。
位置的にもちょうど遺跡の延長線上にあるので、ここも昔はつながっていたのかもしれませんね。


 

以上、いかがだったでしょうか。

アクセスもしやすいので、アンコール・パスの日数が残った方はぜひ行ってみてくださいね。

合わせていっしょに行きやすいのは「プノンクロム」「トンレサップ湖」ですね。

↓穴場おすすめ夕日スポット「プノンクロム」

↓水上生活を見る「トンレサップ湖」チョンクニア

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アンコールワット周辺の遺跡

<スポンサーリンク>



アンコール大回りコースにある遺跡群、所要時間など

アンコール大回りコースにある遺跡群、所要時間など

シェムリアップの有名な観光コースに「アンコール大回りコース」というものがあります。 観光の予定を立ててると一度は目にしやすいコースですが、実 …

アンコールワットの入場料、チケットの購入場所、内容など【まとめ】

アンコールワットの入場料、チケットの購入場所、内容など【まとめ】

来月の連休に念願のアンコールワットに行くことになったんだけど、 入場料って高いのかな。。。?? 現在のアンコールワット入場料はずばり 1日券 …

アンコールトムの観光【回り方~南大門からバイヨン・象のテラスまで】

アンコールトムの観光【回り方~南大門からバイヨン・象のテラスまで】

本日はシェムリアップにある数多くの遺跡の中でも「アンコールワット」についで、 最重要遺跡のひとつである「アンコールトム」です。 アンコールト …

アンコールワットで朝日を見る!出発時間や撮影ポイントなど

アンコールワットでの朝日の時間や事前に知っておくべき知識

世界遺産アンコールワットで見る朝日鑑賞は旅行者の方に大変人気があります。 王道のオプショナルツアーといった感じですね。 世界の中でもトップク …

アンコールワット【初めての方必読!超わかりやすい観光ガイド】

アンコールワット【初めての方必読!超わかりやすい観光ガイド】

カンボジアの世界遺産「アンコールワット(Angkor Wat)」 世界中に数ある世界遺産の中でも有数の知名度と人気を誇ります。 カンボジアで …

【ベンメリア】天空の城のラピュタのモデルと噂の密林の中に潜む遺跡
プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法
トゥクトゥクの乗り方や相場、注意点など【まとめ】

シェムリアップのゲストハウスおススメ5選【日本人宿編】英語が苦手な方でも安心
シェムリアップのナイトマーケットはお土産にショッピングに最適!
「ありがとう」から始める厳選のカンボジア語10!観光に便利な会話で使う基本言葉

カンボジアに関する3択クイズ
NEW!!カンボジアに関する3択クイズのミニゲームを作ってみました。ぜひ挑戦してみてください!