カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

アンコールワット周辺の遺跡

期待がふくらむ名前の「バンテアイ・トム」遺跡

投稿日:

期待がふくらむ名前の「バンテアイ・トム」遺跡

本日は「バンテアイ・トム」遺跡です。

カンボジアには有名な「バンテアイ・スレイ」や「バンテアイ・クデイ」など、「バンテアイ」と名前につく遺跡が沢山あります。

その「バンテアイ」に「トム」(クメール語で大きいの意味)が付いているものですから、いったいどんな壮大な遺跡なのか期待が膨らんでしまいます。

さてさて「バンテアイ・トム」遺跡の全貌はいかがなものなのでしょうか。

 

スポンサードサーチ

①バンテアイ・トムへの行き方

「バンテアイ・トム遺跡」はアンコールトムより2kmほど北側のところにあります。

アンコールワット」や「アンコールトム」の西側にある環状道路を北上して行き、途中で右手の赤土の未舗装の道に入ります。

バンテアイ・トムへの行き方
↑未舗装の道へ入るところ。

ここからまだけっこうな距離があるんです。1km以上はあります。
マイナスイオンが豊富そうな何もない森の小道を進んでいきます。

バンテアイ・トムへの行き方

迷子になりそうな道のくせに途中でわかれ道もありますので、スマホやグーグルマップに感謝を感じないわけにはいきません。(※現地のSIMカード入れて、自分の現在地が確認できるようにしていくのがおススメです。)

またこの細道、途中に水たまりようなものがあれば要注意です!

↓これ。
バンテアイ・トムへの行き方

いたって普通の水たまりに見えて、深さとぬかるみが予想以上にヤバかったです。

深さは膝下くらいまであり、底は沼のようにドロドロ。
サンダルもはまって取れなくなりそうでした。

ほんとバイクも壊れるかと思いました…こんなとこで壊れたら悲惨すぎる。
※遺跡よりもこの水たまりがこの日一番のアドベンチャーとなりました。

他の水たまりには横に迂回跡があったのに、なぜかここだけは迂回道がなかった!

※このときが5月のまだ雨季が始まるか始まらないくらいの時期。
それでこんな状態だったので、雨季中は行くのやめた方がいいと思います。

バンテアイ・トム入り口・東側

やっとの思いで遺跡に到着。

最初は遺跡の外壁の南側に到着しますが、外壁沿いに東側へまわると入り口があります。

 

 

②バンテアイ・トム遺跡を散策

バンテアイ・トム遺跡を散策

崩壊していますが参道・テラスのようなものもあり、中もけっこう広そうな予感がします。
破風は壊れていますが、左右にデバターさんがしっかり入り口を見守っていますね。

バンテアイ・トム遺跡のデバター

外壁をくぐると左右に聖池の跡のようなものがあります。

バンテアイ・トム遺跡の聖池の跡

進むともうひとつ周囲をぐるりと囲む回廊状になっている内壁があります。
こちらもかなり崩壊していますが側面にはデバターさんがしっかり並んでおられます。

バンテアイ・トム遺跡の内壁・回廊

中心部へ入ると横に三つ並ぶ祠堂と南北にふたつの経蔵があります。

バンテアイ・トム遺跡・三つの並ぶ祠堂

真ん中の祠堂の裏側半分は完全に壊れており鉄骨で支えられています。

バンテアイ・トム遺跡・中央祠堂

内壁の回廊の中。
装飾もなく質素でけっこう狭いです。

バンテアイ・トム遺跡・内壁の回廊

沢山の小人が踊ってるように見えておもしろカワイイですね。

バンテアイ・トム遺跡・破風

他にも破風に細かなレリーフが彫られており興味深いですね。

バンテアイ・トム遺跡・破風の彫刻

バンテアイ・トム遺跡のレリーフ

バンテアイ・トム遺跡・レリーフ

バンテアイ・トム遺跡・回廊

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

遺跡までのアクセスは少しわるいですが、訪れる人もほとんどいないので遺跡を一人で独占・満喫できますよ。

↓バンテアイ・トムまで来るなら、まとめて観光したい「ターオウン遺跡」

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




各SNSでシェアできます!!

-アンコールワット周辺の遺跡

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルカンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



アンコール三聖山のひとつ「プノン・ボック」!

アンコール三聖山のひとつ「プノン・ボック」!

本日は「プノン・ボック」です。 アンコール三聖山のひとつでもあるプノン・ボック。 ガイドブックにもあまり情報が載っていなく、観光客はほとんど …

シェムリアップ随一の夕日スポット【プノンバケン】入場制限に注意!

シェムリアップ随一の夕日スポット【プノンバケン】入場制限に注意!

シェムリアップで一番有名な夕日鑑賞スポットといえば「プノンバケン」です。 アンコールワットの近くにあり小高い山のようになっています。 たまに …

「バンテアイ・プレイ」と「プラサット・プレイ」

「バンテアイ・プレイ」と「プラサット・プレイ」遺跡

本日は「アンコール大回りコース」のすぐ北のはずれにある「バンテアイ・プレイ」と「プラサット・プレイ」です。 ちょうど「プレアカン遺跡」の東側 …

冒険気分で森の小道へ「ターオウン遺跡(Ta Oun)」

冒険気分で森の小道へ「ターオウン遺跡(Ta Oun)」

冒険気分で森の小道をすすむと「ターオウン遺跡(Ta Oun)」が見えてきました。 ※ターオウン遺跡はシェムリアップのアンコール・トムに近くに …

アンコール大回りコース「プリアカン」や「ニャックポアン」遺跡など

アンコール大回りコース「プリアカン」や「ニャックポアン」遺跡など

シェムリアップの有名な観光コースに「アンコール大回りコース」というものがあります。 観光の予定を立ててると一度は目にしやすいコースですが、実 …