カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

観光スポット

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」入場無料の植物園

投稿日:

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」入場無料の植物園

アンコール遺跡へ向かう道の途中にある
アンコール・ボタニカル・ガーデン(Angkor Botanical Garden)」。

園内には様々な植物や生き物がいます。
現在は入場も無料なのでのんびりと植物を鑑賞しながらお散歩を楽しみましょう~

 

 

スポンサードサーチ

①「アンコール・ボタニカル・ガーデン」とは

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」とは

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」はシェムリアップにあるアンコール遺跡群を管理するアプサラ機構による植物園です。

まだコロナ禍中であった2022年5月19日にオープン

広大な植物園内にはおよそ500種類もの植物がうえられています。また植物だけでなく鳥や動物がいたりカフェも併設しており、のんびりとブラブラできる空間となっています。

敷地は約15ヘクタールあり、まあまあ広いです。

 

1、場所

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の場所

場所はシェムリアップ中心部の北側。
アンコールワット」へ向かう道の途中にあります。

アクセスは良いので遺跡観光の行き帰りに立ちよることも簡単です。

 

 

2、入場料

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の入場料

入場料は無料です。
※ただし、今後は有料になる可能性あり。

 

3、営業時間

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の営業時間

営業時間は火~日曜日の8:00-18:00。
月曜日は定休日

 

②「アンコール・ボタニカル・ガーデン」をお散歩

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」植物園内はいくつかのエリアに分かれています

ところどころに地図は設置されていますが、植物だらけで目印となるものも少なく迷子になりがちですのでご注意。

 

1、植物・花

植物も花から医療などに使用される植物、野菜や椰子など様々な種類のものがあります。

おそらく訪れる季節や時期によって、見られる植物の様子も大きく変わりそうです。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の花

ピンクと赤色の花。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の白い花

花びらが不思議に垂れた白い花。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」のサボテン

まるっこい大きなサボテン。

あ、自動で植物たちに水を撒く設備があるのですが、たまに歩く道まで水が飛んでくる場所があったので、濡れたくない人は注意。
※霧みたいなこまかいのではなく、ホースのような水のかたまりが飛んできた(笑)

 

2、鳥や猿、魚など

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の孔雀

孔雀(くじゃく)。キレイに羽根を広げてくれました。ちなみに孔雀が羽を広げる行為はメスに求愛・アピールしているときだそうです。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の猿

お猿。テナガザル的な?
カンボジアの遺跡やお寺で見かける猿とは違いますね。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の池にいる魚

池と魚。近くには魚の餌も売ってます。

他にもダチョウやガチョウ、ウサギなんかもいました。

 

3、その他いろいろ

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」にあったアーチェリー

勝手に遊んでいいのか無料なのか分かりませんが、アーチェリーがありました。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」のナーガの池

ナーガと水。

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」にあったかかし

かかし。怖い!(笑)
※たぶん鑑賞用ではない。

4、カフェ

「アンコール・ボタニカル・ガーデン」のカフェ

敷地内にはカフェもあります。

室内と屋外のスペースがあり、屋外のテラス部分は寝転がったりもできるようになってて、まったりくつろいでいる外国人の人達もいました。

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

最初は遺跡観光の行き帰りにいいかなと思いましたが、歩くし少し暑いかもなので、別日で時間があるときにのんびり過ごすのがおススメかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

その他「アンコール・ボタニカル・ガーデン」の近くにある注目スポット。

↓キリング・フィールド

↓ビンテージ品が集まるコレクター博物館

 

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-観光スポット

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

プロフィールロゴ
カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



シェムリアップの植物園!?花がキレイな「プノンクロム・エコリゾート」

シェムリアップの植物園!?花がキレイな「プノンクロム・エコリゾート」

本日は「プノンクロム・エコリゾート」(Phnom Krom Eco Resort)という場所のご紹介です。 名前にも付いているようにプノンク …

「Vimean Sokha Museum」レトロな骨董品が集まるコレクター博物館

「Vimean Sokha Museum」レトロな骨董品が集まるコレクター博物館

カンボジア・シェムリアップにある「Vimean Sokha Museum」です。   スポンサードサーチ 目次①「Vimean S …

ワットボーなどシェムリアップ市内のお寺・寺院巡り、遺跡観光のおわった方へ

ワットボーなどシェムリアップ市内のお寺・寺院巡り、遺跡観光のおわった方へ

カンボジアでは大半の地域・人々が上座部仏教を信仰してるため、シェムリアップ市内にはたくさんのお寺・寺院があります。 お寺の中では僧侶の方たち …

バンテアイスレイの新しい写真映えスポット

バンテアイスレイの新しい写真映えスポット

バンテアイスレイの写真映えスポットのご紹介。 「バンテアイスレイ」といっても遺跡ではありません。「バンテアイスレイ」は地域の名前で、そこにあ …

ロイヤルガーデンとシェムリアップ参拝者数ナンバーワン!?の寺院

みなさんメインの遺跡観光もまわり終って、街中でふらっと観光できるところ探していませんか? 実はそんな方にぴったりの場所があります! ほっと一 …