カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

バッタンバン

バッタンバンでバンブートレインに乗ろう!

投稿日:2018-07-13 更新日:

先日、「バッタンバン」へプチ旅行へ行ってきました。

バッタンバンは旅行者の方にはあまり馴染みがありませんが、カンボジアの中では大きな街のひとつになります。

場所はシェムリアップの南側にあり、直線でまっすぐ行けるとけっこう近いのですが、道の関係上トンレサップ湖を迂回するように遠回りをしないといけません。

バッタンバンは観光だと「バンブートレイン」が有名です。

この記事では、プチ旅行の様子をもとにバンブートレインとバッタンバンの街をご紹介いたします。

カンボジア第2の都市バッタンバンの街並み

スポンサードサーチ

①バッタンバンへの行き方

シェムリアップからバッタンバンへ行く場合はバス(もしくはミニバン)の利用が一般的です。
他にはタクシーやボートという方法もあります。空港はありません。

バッタンバンへの行き方

バスの出発時間は午前中のものが多く、夕方以降に出発するものはほとんどありません。
カンボジアの中では比較的大きな街になりますので、運行しているバス会社は多数あります。

バッタンバンまでの所要時間は片道3時間くらいです。
バスチケットの料金の相場は$4~10程度。

 

②バンブートレイン(Bamboo Train)

1、観光の目玉「バンブートレイン」

バッタンバンは旅行者に馴染みがないように、観光場所というようなところが少ないのです。

その中でも有名なのが「バンブートレイン」です。

バッタンバン観光の目玉バンブートレイン

「バッタンバンって何があるの?」って聞いたらだいたいの人は最初に「バンブートレイン」をあげると思います。
※ただなんでこんなに有名なのかは、なにげに不思議であったりします。

バンブートレインとは名前の通りバンブー(竹)を使った電車のように線路を走る乗り物です。

昔は地元のカンボジア人たちが物資を運ぶために使っていたものだそうですが、時代が変わるにつれこの風情ある乗り物は観光客に注目されることになりました。

【追記】このバンブートレインですが、近年大きくリニューアルしたようです。

草むらの中の庶民の乗り物から、キレイになりかなり観光地化っぽくなっているようです。
以前の独自の風情がなくなり嘆いている方もいますが、どちらかといえば外国人向けというよりはカンボジア人向けにリニューアルされたような印象です。

ここからは私がリニューアル前におとずれたときの様子になります。
現在は変わっているところもあるかもしれませんが、ご参考にご覧ください。

 

2、バンブートレインの乗り場

バンブートレインの乗り場へは、自転車で行ったのですがけっこう迷いました。
スマホで地図を確認しながら行ったのですが、それでもむずかしかったです。

行き道の途中にはドラマにでもでてきそうな、いい感じの橋もありました。

バッタンバンにあった橋

他にも利用されていない線路もたまにありました。

バッタンバン街中の線路

やっとこさ乗り場の近くまで来たときには何もないので間違ったと思って、引き返そうとしたこともありました。
そのときたまたま近くでお店でパイナップルを買って休憩していると、お店のおっちゃんがこの先の道を曲がったところだよと教えてくれました。

道を教えてくれたパイナップル売りのおっちゃん

このとき教えてもらえなかったら、途方に暮れていたかもしれません。

乗り場はほんと「田舎の細道の先の草むらの中」みたいな場所にありました
それなりに有名だったのですが、こんなところにあるのかと思いましたね。

バンブートレインの乗り場

乗り場についても質素なもんです。入り口っていうほどのものもありません。
小さなお土産屋がいくつかあるくらい。

最後に外国人を乗せたトゥクトゥクが目印になったくらいで、行くまでの道や乗り場にもバンブートレイン案内の看板は何ひとつ見かけませんでした。

バンブートレインの乗り場

草むらの中に線路がひかれ、ぽんぽんとバンブートレインが無造作に置かれています。

 

2、いざバンブートレインに乗車

乗車料金を払って乗り込むと(上に座るだけですが)カンボジア人のおっちゃんが一人後ろに一緒に乗ってきます。

バンブートレインのドライバー
なんと彼がドライバーなのです。
モーターのようなものを使ってバンブートレインを走らせていきます。

乗車料金は一人5ドルでした

加速はゆっくりしたものですが、勢いにのってくるとスピードはなかなか速かったです。
数十キロくらいでしょうか、原付スクーターに乗ってるような感じでした。

まわりは緑にかこまれているので、自然の中を走り抜けているようで楽しかったです。
もちろんリニアモーターカーのようにスーと進むわけではなくて、怖くない程度にガタガタします。

このアナログ感がなんともいい感じです。

 

3、手動で線路わきによける

バンブートレインの手動で横に避けるところ

線路は一つしかないため、反対からもバンブートレインが来たときは、どちらかが一度止まり線路のわきに避けます。

バンブートレインを手でよける

避けるときも手動で、みんなで「よっこいしょ」です。
分解してみるとほんとにタイヤの上に乗ってるだけなんですね。

線路のわきでお見送りします。
次々と反対方向からもやって来ました。

折り返し地点にあったお土産屋とレストラン

折り返し地点(片道5㎞くらいでした)に到着し、ここで小休憩です。

お土産にバンブートレインTシャツなんかが売っています。
ついつい一枚買ってしまいました。

バンブートレインTシャツ

帰りは同じ道を通って乗り場まで戻ります。

帰り道ではこちらが優先なのか、行きし側の人が降りてくれるので、お見送られ乗りっぱなしの王様気分でした。

 

スポンサードサーチ

③ナイトマーケットや食事など

バンブートレインからの帰りに、街の中心部に博物館があるようだったのでよってみました。

バッタンバン博物館

着くのが少し遅かった。
閉まっていました、残念。

バッタンバンの川沿いのナイトマーケット

あたりが暗くなってくるとナッ・マーケットのすぐ近くの川沿いに「ナイトマーケット」が出ており賑やかになっていました。

内容なよくあるような、服屋さんやレストランが並んでいました。

バッタンバンの川沿いのレストラン

さらにマーケットから少し南へ歩くと屋台風のレストランがたくさん並んでいたので、そこで夕食にしました。

バッタンバン1日目の夕食フライドライス

フライドライスで1.5ドルです。

 

④ゲストハウス「FIRST HOTEL」

宿泊は「FIRST HOTEL」 というホテルを利用しました。
名前はホテルですが、まあゲストハウスですね。

バッタンバンで泊まった宿「First Hotel」

料金は超格安でなんと1泊で5ドルでした。(予約サイトで通常以上に安くなってました。)5ドルといってもドミトリーではなく個室(ファン)でこの値段です。破格ですよね。

バッタンバンのゲストハウス

部屋は5階で、なんとびっくりエレベーターまでありました。
シェムリアップでは考えられないです。どうやって利益だしてるのか不思議になります。

さらにさらにバス停からトゥクトゥクのフリーピックアップまで付いてました。

ピックアップは頼んでいたわけでもないのですがバスから降りると、なんと名前の書かれた紙を持ったドライバーがバス停で待ってました。バス停からのフリーピックアップしてくれたトゥクトゥク

頼んでないので何でいるのか最初はかなり怪しみましたが、名前があるので大丈夫だろうと乗ることにしました。(ホテル関係者じゃなかったら名前を知ってるはずないから)

宿に着いた時にツアーの営業はしてきましたが、しつこくもなく軽く断ったらその後も特に何の問題もありませんでした。

いたりつくせりです。

自転車も宿で借りました。料金はたしか1日1ドルだったと思います。
立地もわるくなく、おススメですね。

「FIRST HOTEL」予約ページはこちら(Booking.com)

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

バッタンバンへの旅2日目のワット巡りへ続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-バッタンバン

<スポンサーリンク>



バッタンバンへの旅、ワットバナンにサンポウ、大量のコウモリが飛び出す洞窟(2日目)

バッタンバンへの旅、ワットバナンにサンポウ、大量のコウモリが飛び出す洞窟(2日目)

引き続きバッタンバンへの旅、2日目後半戦です。前回はバンブートレインを中心にご紹介いたしました。 バッタンバンには郊外に寺院が点在しており、 …

【ベンメリア】天空の城のラピュタのモデルと噂の密林の中に潜む遺跡
プレアヴィヒアへの行き方!!ツアーやチャーター利用で格安に行く方法
トゥクトゥクの乗り方や相場、注意点など【まとめ】

シェムリアップのゲストハウスおススメ5選【日本人宿編】英語が苦手な方でも安心
シェムリアップのナイトマーケットはお土産にショッピングに最適!
「ありがとう」から始める厳選のカンボジア語10!観光に便利な会話で使う基本言葉

カンボジアに関する3択クイズ
NEW!!カンボジアに関する3択クイズのミニゲームを作ってみました。ぜひ挑戦してみてください!


「現地オプショナルツアー」が予約できる!
アンコールワットからマイナーな観光地まで取り扱っている「ベルトラ」さん。