カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

ラオス(パクセー)

パクセー郊外の滝めぐり!ビックリな体験ができるジップラインなど

更新日: 初回投稿:2024-05-25

パクセー郊外の滝めぐり!ビックリな体験ができるジップラインなど

パクセー郊外にはたくさんの訪れるべき滝があります。

今回はパクセー市内でバイクをレンタルして、日帰りで行ける有名な滝「Tad Fane Waterfall」「Tad Gneuang Waterfall」を二つまわってきました。

珍しい体験ができるアクティビティもありますよ。

 

スポンサードサーチ

①パクセーの滝巡り

パクセーの滝巡り

パクセー東部には多数の滝などを巡る「ループ」と呼ばれるコースがあり、それが人気のパクセー観光のひとつであるそうです。

下記の画像の地図は宿泊したホステルでもらったものですが、旅行代理店やレンタルバイクの店などに行くと必ずこの「ループ」のマップや情報が目につきました。

パクセー観光の滝めぐりのマップ

ぐるっと一周するコースは日をまたいで一泊二泊しながらまわるそうです。

今回行った滝は左下に拡大されている「The 4 Sisters Area」と書かれている日帰りでいける部分の滝です。

 

②「Tad Fane」の滝

「Tad Fane Waterfall」(タッド・ファーンの滝)

「Tad Fane Waterfall」(タッド・ファーンの滝)はラオスで最も落差の大きい約200メートルの高さがあるのと、ジップラインが体験できることで有名です。

パクセー市内より片道約1時間ほどで到着することができます。

「Tad Fane Waterfall」(タッド・ファーンの滝)の看板

上記の看板が見えると右折し横道に入っていきます。
※注意深く看板を探していないと通り過ぎてしまいます。実際に一度通り過ぎました…

入場料が20000キープ、駐車料金が5000キープでした。
駐車場前にはラオスの伝統衣装てきなものも売ってました。

タッド・ファーンの滝のチケット売り場

入口からまっすぐ進んでいくとビューポイントがあります。

見えました!タッド・ファーンの滝です。

「Tad Fane Waterfall」(タッド・ファーンの滝)

落ちます落ちます!まっすぐに落ちる白く大きな滝が2本並んでいます。

すぐ隣にはコーヒーショップもあるので、コーヒーを飲みながらゆっくりと滝を鑑賞することができます。

タッド・ファーンの滝のコーヒーショップ

ただし残念ながらこれ以上滝に近づくことはできず、滝の底まで見ることもできません。
しばらく椅子に座って優雅に滝の鑑賞を楽しみましょう。

また宿泊できるロッジのような家が並んでいるエリアがあります。
そちらにも道があるのですが、歩いて行ってもたいして何もなくここよりも少し見にくい滝のビューポイントがあるだけでした。

 

1、ジップライン

このコーヒーショップのあるビューポイントに「ジップライン(Zip Line)」の受付もあります。

Tad Fane Waterfallのジップライン

ここのジップラインはなんと「ジップライン上でコーヒーを飲む!宿泊する!」なんて驚きビックリなコースがあります。

想像できないかと思いますが、こんな感じのようです。

ジップライン上でコーヒーを飲む

机やイスごとジップラインするようですね。

ジップラインの料金は、「通常コースが35ドル」、「コーヒー飲み飲みコース60ドル」、「ライン上でオーバーナイトコース200ドル」でした。

「Tad Fane Waterfall」のジップラインのコース表

ラインは全部で4本。一本目は432メートルもあるようです。

シェムリアップの「アンコールワット」の近くでも「ジップライン」が体験できますが、比較すると、一本の迫力はこちらの方が上、全体の内容量としてはシェムリアップの方が上といった感じでしょうか。

「Tad Fane Waterfall」でジップラインを楽しむ人々

ちょうどジップライン体験されている方がおられました。一本目は迫力ありそうですね。

「Tad Fane」の滝はけっこう広いのかと思いきやジップラインをしないのであれば、見る場所があんがい少ないです。

 

スポンサードサーチ

③「Tad Gneuang」の滝

「Tad Gneuang Waterfall」の看板

「タッド・ファーンの滝」からもう少し東へ進むと「Tad Gneuang Waterfall」があります。

この滝は見る情報によって名前が「Tad Gneuang」「Tad Yuang」「Tad Nyuang」などと表記が異なりますが同じ滝のことのようです。

「Tad Gneuang Waterfall」の入場料

入場料20000キープとバイクだと駐車場代が別途20000キープ。
(20000キープで約1ドル弱です。)

入り口付近はお土産屋さんやレストランが並んでいて、トイレもあります。

「Tad Gneuang Waterfall」の入り口付近

カラフルで素敵な装飾がされていますが、お土産屋などは半分(以上かな)くらいは閉まっていました。

「Tad Gneuang Waterfall」のお土産屋

途中で雨が降ってきたのでカフェでコーヒー休憩

「Tad Gneuang Waterfall」でコーヒー休憩

滝は下の方にあるのでずんずんと階段を降りていきます。
(帰りは上りになるのでけっこうしんどいです…)

「Tad Gneuang Waterfall」滝の方へ降りていきます

滝の上にあたる部分に風情ある竹の橋がありました。

「Tad Gneuang Waterfall」の竹の橋

この先何かあるのかなと思いましたが、道の先が牛さんたちに占領されていたので引き返しました。

まだ降りていきます。ここの滝は間近で見れますよ。

「Tad Gneuang Waterfall」の滝

はい、でました!滝です

「Tad Gneuang Waterfall」の滝

ここの滝も2本並んで流れていますね。間近で見るとけっこう迫力あります。
めっちゃ水しぶき飛んできます

「Tad Gneuang Waterfall」の滝

体全体に霧雨をかぶったように服が湿っぽくなりました。

 

④その他の滝

1、「Tad Champee」の滝

上記二つの滝の北側にある滝。

メイン道路を挟んで「Tad Fane」の滝に向かうちょうど反対側あたりに「Tad Champee」の滝へ向かう道がありました。

滝壺で泳ぎたい人はこの「Tad Champee」の滝がおすすめだそうです。

 

2、「Tad Pha Suam」パースワムの滝

少し古い情報だとよく紹介されており人気があったっぽいんですが、コロナ禍を越えて今現在は全然人がいなくて廃れているとのこと。

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

自然好き滝好きな人にはパクセーはけっこう楽しめるんじゃないでしょうか。

↓パクセーの街を見守るゴールデン仏陀が有名な「ワット・プーサラオ」

↓日帰りで観光できるラオスの世界遺産「ワット・プー」

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




各SNSでシェアしよう!!

-ラオス(パクセー)

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルカンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



パクセーの格安ホテル・個室なら「ランカム・ホテル」!宿泊以外にも何かと便利

パクセーの格安ホテル・個室なら「ランカム・ホテル」!宿泊以外にも何かと便利

本日はパクセーで個室でも格安に宿泊できる「ランカム・ホテル」です。 前回紹介した二つの「ドミトリー宿」は新しそうな宿でしたが、この「ランカム …

ラオス「パクセー」での食事・レストランなど・夕食はお早めに!

ラオス「パクセー」での食事・レストランなど・夕食はお早めに!

ラオスの「パクセー」で食べた料理やレストランなどのご紹介です。 普段は朝はあまり食べないし、昼間は観光してたら忘れてるし、夜はお店ぜんぜん開 …

「ナーンシーダー遺跡」修復作業中でした。

「ナーンシーダー遺跡」は修復作業中でした。

「ナーンシーダー遺跡」という遺跡が「ワット・プー」のはずれにあります。 「ワット・プー」でけっこうお腹いっぱいになりますが、そんなに遠くもな …

ラオスの世界遺産「ワット・プー」はクメール遺跡

ラオスの世界遺産「ワット・プー」はクメール遺跡

パクセーまで来たら少し遠いですが、ぜひ訪れたい遺跡「ワット・プー」。 ラオス第二の世界遺産でもあります。 広くて山のふもとにあり傾斜もあるの …

パクセー市内の観光・お寺や市場など街をブラブラ散歩してみよう

パクセー市内の観光・お寺や市場など街をブラブラ散歩してみよう

パクセーの市内観光、郊外は行かずに自転車や徒歩でまわれるエリアの様子です。 (空港は少し遠いですが、)空いてる時間にのんびりと街ブラにでかけ …