カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミル

アンコールワットのある街「シェムリアップ」より初めてのカンボジア・海外旅行の方に向けてわかりやすく情報をお届けいたします。

ラオス(パクセー)

ラオスの世界遺産「ワット・プー」はクメール遺跡

更新日: 初回投稿:2024-05-26

ラオスの世界遺産「ワット・プー」はクメール遺跡

パクセーまで来たら少し遠いですが、ぜひ訪れたい遺跡「ワット・プー」
ラオス第二の世界遺産でもあります。

広くて山のふもとにあり傾斜もあるので体力が必要ですが、本殿部分から見下ろす景色はとても素晴らしく、リンガの並ぶ参道もとても印象的な遺跡です。

 

スポンサードサーチ

①「ワット・プー」への行き方

「ワット・プー」遺跡はラオス南部の街「パクセー」より日帰りで観光することができます。

チャンパーサックというエリアにあり、パクセー市内より南へ約40km、片道約1時間程度です。

パクセーから行くには主に3つの手段があります。

  • ツアーに参加する
  • トゥクトゥクなどをチャーターしていく
  • バイクをレンタルして自分で行く

今回は3つ目のバイクをレンタルして行ってきました。

行き道は事前にマップで見て予定していた道と少し違う部分もありましたが、迷いどころは少なくたどり着けます。

バイクを借りてワット・プーへ向かう

だいたいずっとこんな感じの道です。緑に囲まれた自然豊かな田舎道をまっすぐ走ります。交通量も少なく左手にメコン川が見えたりと、気持ちよく走れました。

パクセー周辺をバイクで走っていると料金所のような場所があるのですが、バイクは端の道を素通りして大丈夫なようです。

ワット・プーへと向かう道から見えるメコン川

チャンパーサックの街まで来ると人々が生活してるので、住まいやお店などが左右に現れ始めます。

※このチャンパーサックの街の南あたりでマップ上では山側の道を行くのかと思いましたが、未舗装になっており川沿いの道からまわるように進みました。

ワット・プーの駐車場

市内からわりとゆっくりめに走って1時間15分ほどで「ワット・プー」に到着しました。

パクセー市内から「ワット・プー」まで、舗装がこわれて凸凹していたり一部未舗装などあったかもしれませんが、基本的に道のコンディションはそんなにわるくなかったです。

 

②ラオスの世界遺産

ラオスの世界遺産

「ワット・プー」はラオスの世界遺産になっており、この「ワット・プー」を含む「チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群」として世界遺産に登録されています。

ラオスの世界遺産は全部で3つあり、他には「ルアンパバーンの街」などが世界遺産に登録されています。

 

スポンサードサーチ

③「ワット・プー」の歴史

「ワット・プー」の歴史

「ワット・プー」は11世紀~12世紀ごろにクメール人によって建設されたと見られています。
原型は5~6世紀にあると見られていますが、現在残る「ワット・プー」になったのは11~12世紀だそうです。ヒンドゥー教寺院として建てられ、その後には上座部仏教の影響も受けています。

プー・カオという山の麓に広大な土地を使って東西に向かって建てられており、入り口は東側をむいています。
入り口から本殿までは約1.4kmあり、平坦な土地から始まり段々とゆるやかに傾斜が始まり、本殿は街が見渡せる約100m高くなった場所に位置しています。

 

④「ワット・プー」の入場料

外国人 : 50000キープ
ラオス人 : 20000キープ
※10歳未満の子供は無料

駐車料金がバイクで別途10000kip必要でした。

遺跡のオープン時間は8:00-17:00

 

スポンサードサーチ

⑤「ワット・プー」観光

1、エントランス

「ワット・プー」エントランスでチケット購入

入り口にある小屋でチケットを買って入場します。
エントランス付近にはドリンクの販売やお土産屋、トイレなどもあります。

2、シャトルサービス

ワット・プーの無料のシャトルサービス

エントランスを抜けるとひとつめの聖池の先まで無料のシャトルサービスがあります。
ここは見所も少なく、まだ先も長いので乗せてもらいましょう。

「ワット・プー」のバライにいるヤギ

この「ワット・プー」にいるヤギはカタカナをそのまま音に表現したかのようにキレイに「メェーーーッ」と鳴いてくれました。

 

3、リンガの立ち並ぶ参道

「ワット・プー」リンガの立ち並ぶ参道

プーカオ山を背景に凛と立ち並ぶリンガの参道はとても印象的なものがあります。

リンガは男性器を表しておりシヴァ神の象徴ともされているのですが、ここのリンガは絶妙なバランスというのか他の場所で見るリンガより引き込まれるような魅力があるような気がします。

「ワット・プー」リンガの立ち並ぶ参道

乾季でほとんど水がありませんでしたが、このリンガ参道の両側には本来は聖池(バライ)があります。

※ただこの参道かなり暑いのでシャトルバスを降りた道をまっすぐ行くと多少の木陰があります。

4、北宮殿と南宮殿

「ワット・プー」の北宮殿と南宮殿

リンガの参道を抜けると左右に北宮殿と南宮殿があります。
※ちなみに正面向かって右手が北宮殿です。

回廊の中は庭のようになっており空っぽで予想以上に何もありませんでした。

「ワット・プー」の北宮殿と南宮殿

破風やまぐさにレリーフが見られるのですが、修復されてまだ間もないのか何だか歴史を感じられず安っぽく見えたのは気にせいでしょうか…

「ワット・プー」で見られるまぐさのレリーフ

北宮殿の西側にあったナーガ像
地元の人がすごい熱心に拝んでいたので、いっしょになって拝んでおきました。

「ワット・プー」のナーガ像

 

5、ナンディンの宮殿

「ワット・プー」ナンディンの宮殿

進むと左手に「ナンディンの宮殿」があります。
※ナンディンとはシヴァ神の乗り物とされている牛のことです。

なんてことのない小さな建物なのですが、なんと「アンコール・ワット」へとつづく古代の道の起点になってる場所だそうです。

 

6、十字テラスと守護神

「ワット・プー」十字テラス

階段が現れはじめだんだん傾斜がきつくなる十字テラス付近。
守護神「ドヴァーラパーラ」の像があります。

「ワット・プー」の守護神「ドヴァーラパーラ」

あとは本殿にむかってラストスパート。
階段、階段です。

「ワット・プー」の階段

 

7、本殿

「ワット・プー」の本堂

やってきましたワット・プーの「本殿」です。
息を整え中へ足を踏み入れると仏像が設置されています。

「ワット・プー」本堂の中の仏像

なんだか拍子抜けしそうな表情をしています。
本殿の側面から。

「ワット・プー」本堂の側面

本殿の壁やレリーフは南北宮殿とちがい歴史を感じる趣深いものがありました。

そして「ワット・プー」山上部から見下ろす絶景

「ワット・プー」上部から景色

この景色が見たかったんです。
どれだけの歴史や物語がこの空間に詰まっているのだろう。

ここらで休憩をふくめ、しばらく時の中に思いを馳せます。

 

「ワット・プー」本堂の裏手にある湧き出る聖水

本殿の裏手にある湧き出る聖水

聖水に触れたかったのですが、近づくと蜂のような虫がたくさん集まってるのが見えたのでやめておきました。

 

8、ゾウやワニの彫られた石

本殿から右手の方へ110メートルほど進んだところには、動物の形が彫られた奇妙な岩が転がっています。

象が彫られた大きな岩。どこか神々しいオーラを感じます。

「ワット・プー」象の彫られた大きな岩

こちらは「2匹の向かい合うヘビ」の姿が確認できます。

「ワット・プー」二匹の蛇が彫られた岩

そして「人身御供に使われたというワニ」が深く岩に彫られています。

「ワット・プー」人身御供に使われたというワニが彫られた岩

これらの彫刻は「ワット・プー」遺跡とは年代も異なると見られており、このエリアだけ独自の雰囲気を持っています。呪文でも唱えたら古代の神獣を召喚できそうな空間。

そんな妄想しながら体力が回復したらがんばって元来た道を戻りましょう。

最初に乗ったシャトルサービスはタイミングがよければ来るけど、運がわるいと待てども待てどもなかなかやって来ません…

 

9、展示ホール、ミュージアム

「ワット・プー」の展示ホール

シャトルサービスの乗り場の奥側に展示ホール・ミュージアムがあります。

すっとシャトルバスに乗り込んでしまうと見落としがちですが、最初でも最後に戻ってきたときにでも、見学していきたいところです。

※館内は撮影禁止だったので、写真はありません。

 

10、ナーンシーダー遺跡

「ワット・プー」の南約1kmくらいのところに「ナーンシーダー遺跡」という遺跡があります。

時間のある方は合わせて観光してしまいましょう。

 


 

以上、いかがだったでしょうか。

山上でゆっくり休憩したりしてたら全部で2時間半くらい費やしていました。

↓パクセーの自然を満喫する滝めぐりコース

↓街を見守るゴールデン仏陀が有名な「ワット・プーサラオ」

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




各SNSでシェアできます!!

-ラオス(パクセー)

カンボジア語アプリ(音声付き)
↑無料ダウンロード!!クメール語アプリ

カンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルカンボジア海外旅行・シェムリアップ便りfromアメミルのロゴ2

Let’s travel Cambodia!:)

※このサイトで使用している写真はすべて自分で撮影したものを利用しています。

プロフィール・サイトについて

お問い合わせ・メール

↓↓各種SNS フォローしてね↓↓
インスタグラムエックス(旧ツイッター)Youtube

<スポンサーリンク>



パクセーの格安のおすすめゲストハウス・ドミトリー部屋

パクセーの格安のおすすめゲストハウス・ドミトリー部屋

ラオスのパクセーにある格安に泊まれるゲストハウス・ドミトリー部屋のご紹介です。 今回は「1918’s HOSTEL」と「Via …

ラオス「パクセー」での食事・レストランなど・夕食はお早めに!

ラオス「パクセー」での食事・レストランなど・夕食はお早めに!

ラオスの「パクセー」で食べた料理やレストランなどのご紹介です。 普段は朝はあまり食べないし、昼間は観光してたら忘れてるし、夜はお店ぜんぜん開 …

「ワット・プーサラオ」と「ラオス日本大橋」

本日はメコン川にかかる「ラオス日本大橋」とパクセーの街を見下ろすゴールデン仏陀が有名な「ワット・プーサラオ」です。 パクセー市内から「ワット …

パクセーの格安ホテル・個室なら「ランカム・ホテル」!宿泊以外にも何かと便利

パクセーの格安ホテル・個室なら「ランカム・ホテル」!宿泊以外にも何かと便利

本日はパクセーで個室でも格安に宿泊できる「ランカム・ホテル」です。 前回紹介した二つの「ドミトリー宿」は新しそうな宿でしたが、この「ランカム …

カンボジアからラオスへ陸路で国境越え

カンボジアからラオスへ陸路で国境越え

本日はカンボジア「シェムリアップ」からラオス南部「パクセー」への陸路国境越えの様子です。 ラオスの「ドーン・デット」や「シーパンドン(400 …